めげない日記 節約好きアラフィフ双子母のキロク

アラフィフ双子子育て中パート主婦の日記です。もう人生折り返しにきていて、いろいろあるけどせっかくならば楽しく生きていきたいと思ってブログ始めたいと思います。

多分HSPらしき自分と仕事について

何回か退職を思いとどまりましたが、やはりいろいろ思うところありまして仕事をやめようと思いました(*_*)。

 

敏感すぎる自分を好きになれる本という本を読んでいて、まだ途中ですが、やっぱり自分はHSPっぽいようです。

 

 

ちなみに、夫にもチェックリストをやってもらったらHSPには当てはまらないそうです(゚o゚;。

 

全くベタベタした関係ではないのですが、夫は私をよく理解してくれて、重くなりがちな私の気持ちをくだらない(失礼)冗談混じりに軽くしてくれる本当にありがたい存在です。迷いすぎてわからなくなったら決めてくれます。

 

ちなみに私もいつも暗い訳ではないです(^-^;。

 

当てはめて考えすぎないようにはしようと思いますが、ネットでみたこういう人が避けた方がいい仕事というのに、今の職場は結構当てはまります。

 

HSP

 

外部からの刺激に敏感

物事を深く考える

マルチタスクが苦手

周りの人の機嫌が悪いと気疲れする

 

などの特徴があるようです。

 

職種は同じですが、転職して違和感がすごかった時点で早々に辞めておけばよかった。今となってはそう思います。

 

前職は人間関係が穏やかで、比較的楽しく働けてました。今はちょっと違います。

 

私の能力不足のところもありますが、今の職場で参ってしまって辞めてくのは私だけではないので、もうこの気持ちを貫きたいと思います。

 

別にすごい資産もないですけど、こういう時思うのは、多少なりとも倹約、節約してきてよかった。

あんまりお金を使わなくても楽しめる自分で良かったと思います。

 

人生はいろんなことがあるけど、もし貯金がなかったり、ローンが沢山あったらかなり苦しい状況になりますよね。

 

昔私としては収入が多くてちょーしこいてるとき、母に稼げるときばかりじゃないと言われてました。確かに。

 

うちはいい車もないし、地味ですが、倹約の良さを子どもにも伝えられるようになりたいと思います。まだまだですが、倹約は力になりますね。

 

最後に

 

働けるうちに働くしかないので、次に向けて動かないと、です。Fireなんて考え、もっと早くしりたかったなぁσ(^_^;。

 

私は医療従事者で、職業選択の時点で間違ったのかなという感じは拭えませんが。もう少し心と体の負担が少なくて自分に合ったところで働きたいです。

 

子供や夫と同じ時にもう少し長い休みを共有したり、働く励み、楽しみが欲しいです。

 

もすこし楽しく生きたいです。

 

ヘタレな話ですが、どなたかのお役にたてばと思います。

 

読んでいただいてありがとうございます。

井上ポイントさんの本読みました 

昨日の仕事が終わってから娘のインフルエンザの予防接種に行きました。

私は買うとあんまり読まないので雑誌はほぼ買いません。

なので、ここぞとばかりに待合室でESSEを読んでいたら、、、ブルーザーというコンビの井上ポイント(以前はブルドーザーさんだったそうです)さんという芸人さんの節約の記事がありました。

無印良品で1500円分もおトクに!2年間で約100万円分のポイ活をした達人に密着(ESSE-online) - Yahoo!ニュース

 

ポイントさんてすごい芸名ですよね。

 

井上さんのことは知りませんでしたが、ものすごい気になって、朝499円に少し躊躇しつつもアマゾンでぽちりました。

 

 

小1でお母さんを亡くされ、中学生から弟さんに料理を作ったり、550万もの大学の学費を自分で払ったり、無駄が嫌いで節約をゲーム感覚で楽しんでやっていて、いろいろな節約方法も書いてあります。

 

何を無駄とするかは人それぞれですが、楽しんでやれるならいいですよね。

 

決めたらやり続けるそうで、辛い、疲れた、苦しいの言葉も言わないと決めたら24年間ずーっといってないそうです。す、すごいです。

 

それと節約してハワイに行くのが楽しみなんだそうです。

 

ただ節約、ということだけではなくて、奥様やご家族のエピソードもいろいろあり、読んでよかったです。

 

アメブロでブログもされているそうです。

 

早速参考にしたいと思います(*^^*)。

ダイソー鍋蓋つまみで鍋再生

実家で使わなくなった鍋をもらってきて何年も使ってきましたが、お鍋の蓋のつまみのプラスチック部分が割れました。

 

確かそんなの見かけたような気がして、ダイソーにいったらありました。

写真がわかりにくくてすいません。


f:id:monkichimama:20211121210234j:image

私は犬派なんですが、猫型のつまみ。

これしかなかったです。

 

簡単につけられました。


f:id:monkichimama:20211121210334j:image

物持ちはいいほうだと思います。

 

もらってきた鍋ですが、捨てるのももったいなく、次のを選ぶのも時間もお金もかかるので、助かりました!ダイソーさんの商品、すごいです。

110円の出費でまたしばらく使います。

 

本体が寿命を迎えるまで使いたいと思います。

朝読書 Emiさんの本

昨日今日と2冊、朝読書しました。

 

夜は寝ようと思ってなくても寝てしまうので、朝読書もいいなと思いました。

集中して時計を見るのを忘れたので、仕事の日は要注意ですね(^^;)。

読書ノートも書きました。

 

今日読んだのが、双子ママさんのEmiさんの本です。

 

片付いたお家の写真をみて、すごいと思ってストック食材と子供服を整理できました!

こういう本を読むとモチベーションがあがるのがいいです。逆にいうと読まないと上がらないんですけどね。

 

家じゅうの書類を一か所にまとめる情報ステーションとかマネしたいなと思いました。

探し物が減りそう。

 

ちなみに、私は片付け下手ですぐ散らかしてしまいます。

夫は持ち物も少なく、片付け上手なのでほんとに助かってます。

 

マイノート

Emiさんは12年ブログを続けているそうです。

整理収納アドバイザーの方でOUR HOMEというウェブサイトを運営されてるそうです。

 

そして、書くことが大好きで、22歳からマイノートなるものを60冊以上書いてるそうで、マイノートは好きなものとか心に響いたものを書いたり貼ったりしてるそうです。

しかも、旦那様も、お子さんは5歳から、マイノートを書いていて、旅行にも持っていくそうです。

 

OURHOME Emiさんの自己肯定感を高める「マイノート」術 | ページ 2 / 3 | LEE (hpplus.jp)

自己肯定感高めたい!

 

手帳・読書ノート・マイノート・スクラップブック、ノートだらけになってしまいそうですが・・・ノートって楽しいです。

マイノートもいいなと思いました。


f:id:monkichimama:20211121130734j:image

娘の作ったどんぐり工作です。

 

読んでいただいてありがとうございました。

どんぐりが楽しいです

自分の家の近くには小さい図書館があってそこにばっかり通ってましたが、10kmくらい離れたところにもっと大きい図書館もあって昨日すごく久しぶりに行きました。

 

そしたら、、、読んでみたい本がたくさん。

10kmの距離が少し面倒だったのですが、行ってみて良かったです。

 

ブログで教えていただいた本も借りてきました。楽しみです。

 

どんぐりにはまってます

前から好きですが、最近どんぐりが気になって仕方なく、お休みの日に子供たちにもええー?(すこしいやそう)っていわれつつもどんぐり拾いに付き合ってもらってます。

図書館に欲しいなと思っていた↓こちらの本もあったので借りてきました。

 

表紙はイラストですが、中は写真でいろんなどんぐりが載っています。

どんぐりにつく虫の情報まで載ってます。

 

最後のほうには、どんぐり料理からどんぐりの皮の染め物、いろんな種類のどんぐりを並べて作るどんぐり絵まで載ってます。

どんぐり愛がすごいです。

 

他の方のブログを読んでいたら、食べられるどんぐりがあるんだと知って、家族から少し冷たい視線をあびましたが、マテバシイ(最近知りました)をチンして食べてみました。

マテバシイ - 庭木図鑑 植木ペディア

画像お借りしました

 

ほんの少しあまい栗みたいな感じでした。

どんぐりって縄文人の食材だったそうです。

 

週末また次女の好きな葉っぱ拾いを兼ねてどんぐり拾いに行きたいなー。

 

お金のかからない遊びを楽しんでます。(笑)

そういえばこんな絵本も図書館でかりてきたんですよ。

 

 

どんぐりってかわいいですよね。

 

読んでいただいてありがとうございます。

好きなものや気になることのなかに好きなものや気になることをを見つけること

本を読んだときに多いけど、自分の好きなものや人や気になっていたことが別の本に出てきたりします。そういうたまたまの連鎖みたいのをぴたって言い当てる言葉を知りたいです。

 

例えば、昨日 日日是好日を読み終わりました。

 

泣くつもりなんてないのに、共感するところがあって文章が沁みて結構泣いてしまいました。ほんとに良かった。

 

多分今までで一番泣いた本です。

夫がいなくてよかった。

 

この本の中にもまた見たいなー、アマプラで無料にならないかなーって思って時々チェックしてる映画 細雪がでてきたり。

 

そしてタイトルが気になって最近読んだこちらの本。その中にもたまたま日日是好日の作者の森下典子さんの話がでてきました。

 

monkichimama.hatenablog.jp

うまく言えませんが自分が好きなもの同士がつながってる感じがするんです。

 

気になるあるママ友さん

自分が平日休みの時に子供の下校のお迎えに行く時があって、そこでママさん達と話す時があります。

優しくてほっとするのですが、

あるママ友さん(Aさん)が気になります。

 

ある時はそのAさんが子供の名前をうめこにしたかったんだけどみんなに反対されたんだーと言ってまして、私うめこでブログ書いてるので妙に反応してしまいました。

 

昨日は、どんぐりやどんぐりに入ってる芋虫について話しました。

学校で工作に使うそうで皆さんどんぐりを集めてるんです。

 

私の実家には栗の木が何本かあって小さいころから栗は好きだったのですが、栗には小さい芋虫(クリムシ?)がはいってたりしますよね。

 

先日家に放置したどんぐりから出てきた芋虫を見て、ぎょ!っとしつつもちょっとかわいく懐かしく、この成虫は何になるのか知らなかったので調べて(ゾウムシなんですけどね)ほんっとに最近知ったんですよ私は。

 

その話をしたら・・・そんなことはAさんは既にご存知。なんならお子さんとその芋虫から成虫(ゾウムシ)に育てみたりしてるらしいです。ゾウムシかわいいよね、なんて。

ひぃぃ。

 

くぬぎのどんぐりが欲しかったけどどの公園にあるのかわからなかったので聞いてみたら、○○公園にあるけどもう今の時期はないかなーとか。

 

家でもどんぐりで工作してみたいなーと思ってるんですが、すでにどんぐりにキリで穴をあけてどんぐり人形をつくってるとか。(◎_◎;)えぇー?気になる、どんなの?やってみたい。

 

他の方にはわかりにくかもしれないツボの話ですみません。

 

本でも実生活でもそういうことを見つけると、心躍ります。

 

で、タイトルに戻るのですが、好きなものや気になることのなかに、共通する好きなものや気になることとか、すごく共感することを見つけることを何ていうのかその言葉を探してます。そんなのあるのかな?そういうものに出会ったとき、あ、これって○○○だって思いたいです。

もし、みつけたらまた書きます。

 

なんかうまくいえないのにブログに書いてしまいました。

読んでいただいてありがとうございます。

絵本 おそうじやさんはじめます を読んで仕事について考えてしまった

先日の夜、以前おさがりでもらった本を読んでーと持ってきたので双子に読みました。

 

何回か読んでるんですが、やけにねこさんに共感してしまった。

おそうじやさん はじめます【みんなの声・レビュー】 | 絵本ナビ (ehonnavi.net)

 

この本はもう売っていないようで残念ですが・・・どこかで見かけたら読んでみてください。

f:id:monkichimama:20211111081837p:plain


きれい好きなアリクイは、ある日お掃除屋さんを始めることにしました。スタッフ募集の張り紙をすると、ぞうきんがけの得意なアライグマ、まどふきの上手なテナガザル、狭いところも入っていけるハムスターと、次々に強力な助っ人が現れますが、最後にやってきたネコだけは、どうも頼りになりません。ところが……。

 

ネタバレすると・・・ねこさんはお掃除屋さんの仕事をしたいとやってきますが、だめだめで採用にならないのですが、お掃除はだめでも実はねこさんにも得意なことがあって(お掃除屋さんの営業)アリクイさんたちといきいき楽しそうに働く。っていうハッピーエンドなストーリーです。



ねこさんのように、自分に合ってることを仕事にできて、いきいき働けたらいいなあと思いました。



働くこと自体は好きだと思うんですが、緊迫感があることがほんときつい。

同じようなことを淡々とやってきたいけどそうもいかない。

人間関係も思いがけない矢が飛んでくることがあり、ええええ!!!?って思いますがそんなこともなんだか慣れてきました。注意しつつ働いてます。

感情労働も負担。

感情労働」とは、ビジネスの場面において、自分の感情をコントロールすることで相手の期待に応え報酬を得る労働のことを指します。具体的には顧客とのコミュニケーションの場面で自分の感情を抑制し、ときには理不尽なクレームでさえも我慢強く対応します。

 

多分普通の人が普通にできることを自分はもっと頑張らないとできないタイプです。

 

そして子供の発熱などで人手不足なのに急に休むことが重なって、、、申し訳ない。

 

人手にかなり余裕のない職場で子育てしつつ今後やっていくことも、いいのかなって思ってきてしまいました。人にもう少し余裕がないとかなり迷惑かけちゃいます。

 

そこまで擦り減ってはいないけど、メンタルも・体力も・仕事内容も・楽じゃない( ;∀;)。あと、長い休み皆無・・・。

 

ずっと仕事に違和感を感じつつ、頑張ろうと思ったり、すぐくじけたりなので、妙に絵本に共感してしまいました。

 

HSPの本を買わずに、と思って図書館で探すと、貸し出し中が多いです。

どんなひとが借りてるのかな、いろいろ悩んでるのかなとか勝手に想像してます。

 

自分は、なんとかやっていきますけど、子供たちには自分に合った仕事を人生の早いうちから見つけてほしいなぁと思ってます。